受験できる検定

  • パソコン検定 文書試験 〜ワードで文書を速く正確に〜

    ビジネス文書の作成能力をはかる試験。ワードでA4用紙1枚程度の文書を、問題の指示に従いながら、制限時間内に作成します。

  • パソコン技能検定Ⅱ種試験 〜ワード・エクセルで受験〜

    今、オフィスでも一般においても、最も活用されるワープロソフトと表計算ソフトを駆使し、データベース機能の活用、様々な図表、グラフなどをともなう文書の作成能力を通じて、パソコンの総合的な操作能力と活用能力をはかります。

  • パソコン技能検定ビジネス実務試験 〜パワーポイントまで〜

    ワード・エクセル・パワーポイントの機能を知っているだけでなく、3つのアプリケーションを使いこなして実践的に文書作成ができるかを認定します。

  • パソコン検定 タイピング試験 〜まずは速さと正確性を〜

    パソコン検定 タイピング試験は、ビジネス文書や解説文など、様々な文章を、見ながらそのままパソコンで入力します。パソコン技能の中でも最も基本的な入力能力を、正確さとスピーディなタイピング能力を中心に認定します。

  • パソコン速記検定試験 〜手書きより早くなる?!〜

    パソコン速記検定試験は、従来の書面の入力や、文書の作成能力とは異なり、ビジネス会話や説明文をヘッドホンから聞いて、ダイレクトに入力する能力を、正確さとスピードを中心に認定します。

  • パソコン基礎検定試験 〜小学生から受験できます!〜

    パソコン基礎検定試験は、まず、パソコンを使いこなすスピードを重視している『小学生から受験できるパソコン検定』です。

     

    パソコンのスピードは一生の宝になります。

    ワードやエクセルを使いこなせると国語・数学が、またグラフや作表をおぼえることで理科や社会などの科目にも興味がわいてきます。

全日本情報学習振興協会の各種検定が、受験できます。

 

 比較的短期間(注1)で受験することが可能な検定もあり、腕試しや就転職への実力証明にも利用できます。

 

 各検定名をクリックし、詳細をご覧ください。

©︎2012-2017 パソコンくらぶたじみ.net